安全・安心への取り組み

HOME
安全・安心への取り組み
車両安全対策

安全・安心への取り組み

車両安全対策

安全と安心を提供

モービルアイ

「モービルアイ」とは、バスのフロントガラスに取り付けたカメラが、車間距離が短い時、ふらつき運転、前方車両への急接近などの危険運転を常に捉え、ディスプレーと警報音で「危険」を運転士に知らせます。

セーフティドライブサポートシステム
1. 前方車間距離警報
前方車間距離警報前方車両との車間距離が縮まり危険な場合、モニターに注意表示し、アラームで警告します。
2. 前方車両衝突警報
前方車両追突警報走行中前方の車両との衝突予測時間が規定値以下になった場合、モニターに警告表示しアラームで警告します。
3. 低速時前方車両衝突警報
交差点等で前方に車両が停止している場合、見切り発進や車両転動等で前進した時に前方車両との車間距離が設定値以下になった場合、モニターに警告表示し、アラームで警告します。
4. 車線逸脱警報
車線逸脱警報 カメラで道路上のセンターラインや路肩の白線といった情報を検出し、時速55km以上の速度で方向指示器を出さずに白線を逸脱した場合、モニターに警告表示しアラームで警告します。
5. 歩行者衝突警報
歩行者衝突警報 走行中、歩行者または自転車が衝突範囲内に入った場合、警告表示し、アラームで警告します。

映像記録型ドライブレコーダー

車両搭載カメラにより常時映像を記録しており、他車等との衝突時やトラブルの際の原因究明及び運転士の運転教育に活用しています。

映像記録型ドライブレコーダー

安全運行支援装置

GPSによりバスの位置情報を把握し、バス停留所や分岐点の接近をランプとブザー音で運転士に知らせます。
運行管理者は運行管理用パソコンの画面によりバスの運行状況を把握し、運行道路の渋滞や高速道路における通行止め等が発生した場合は、迅速かつ的確に運行指示を行っています。
こうしたシステムの活用によりお客様に安定した運行と安心していただける輸送を提供しています。

バス停留所等通過防止機能(高速バス)

停留所及び高速道路分岐点の手前3km、2km、1kmで、ランプとブザー音により運転士に知らせ、停留所の通過や進路間違いの防止に役立てています。

  • バス停留所等通過防止機能

居眠り運転防止機能(高速バス)

連続運転の30分~1時間毎にランプとブザー音で運転士に知らせ、覚低(眠気や単調な視覚情報によって注意配分等がおろそかになる)運転の防止を行っています。

  • 居眠り運転防止通知機能

新製車両に最新の安全システムを導入

「衝突被害軽減ブレーキシステム(PCS)」「ふらつき警報装置」「車両安定制御システム」を24年度以降の新製車両に備えつけています。

衝突被害軽減ブレーキシステム(PCS)

PCSは、衝突時の速度を抑え、衝突被害を軽減するシステムです。
走行中、ミリ波レーダーによって常に前方を検知して危険を分析するシステムです。万一追突の恐れがある場合に警報やブレーキ作動で注意を促し、追突の可能性が高くなるとより強力なブレーキが作動します。

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム
  • “PCS”はトヨタ自動車株式会社の登録商標です。

ふらつき警報装置

ハンドル操作のふらつき具合の増大を検知すると警報を発し、ドライバーに休息を促します。警報が続くとPCSの作動(警報)を早めます。

  • ふらつき警報装置

車両安定制御システム

横転や雪道などの滑りやすい路面における危険を抑止。カーブでの車線のはみ出しや横転などを抑止するため、警報音やエンジンの出力制限、ブレーキ作動で、ドライバーの回避操作を的確にサポートします。

  • 車両安定制御システム
  • VSC(車両安定制御システム)= Vehicle Stability Control "VSC" はトヨタ自動車株式会社の登録商標です。

車両火災防止(エンジンルーム自動火災消火装置)

高圧ウォーターミスト消火システムの仕組み

エンジンルームで火災が発生した際に、火災感知システムが作動して消火剤を含んだ水を霧状にしてエンジンルーム内に噴射し、酸素を遮断するとともに温度を下げて消火します。
それと同時に運転席にも火災発生の警報を行います。

システム系統図

車両整備

お客様に安心してご利用いただくために入念な点検を実施しています。
また、定期的に整備士研修を実施し、技術、技能の向上に努めています。

  • 車両整備
  • 車両整備