~高雄京北線のとっておき旅情報~

2017.06.09

ただいま高雄は青もみじが真っ盛り!! 

 

【高山寺・こうざんじ】

高山寺の見所は自然がいっぱいの境内と文化財建造物です。参道は苔やもみじなどの緑、自然がいっぱいで春から夏にかけては、新緑や青もみじが真っ盛りです。古風な本堂や開山堂、そして趣きある石水院などの建造物も見ごたえが十分です。石水院には複数の庭園があり、風情ある池泉式の中庭や苔の綺麗な自然の多いお寺です。

 

【西明寺・さいみょうじ】

槇尾山西明寺は、栂尾山高山寺・高雄山神護寺とともに紅葉の名所としてはもちろん、もみじが青く染まる5月初旬からも多くの参拝者で賑わいます。秋のシーズンには、西明寺の境内全体が赤い楓に包まれます。客殿や鐘楼の前の紅葉林がことのほか美しく、苔むした鐘楼が紅葉の色を引き立てているようにも思えます。本堂の前には槇尾の名の元となった槙(まき)の大木が立っています。

 

【神護寺・じんごじ】

高雄、槇尾、栂尾は三尾と言われ、いずれも京都市北西部の紅葉の名所として知られています。高雄山の中腹にある神護寺は、京都市内でも早めに色づき始める京都屈指の紅葉の名所と言われています。山門への古びた石段に赤や黄のカエデが葉を落とす風景や、境内に入ると葉の合間にお堂や塔が見え隠れする情趣たっぷりの景色が楽しめます。また有名な「かわら投げ」は、ここ神護寺が発祥とされています。境内西の地蔵院から谷に飛ばすことで家内安全を祈るかわら投げで「厄除け!開運スポット」としても有名です。

 

 

=耳寄り情報= 京の新緑・青もみじ 詳しくはコチラをご覧ください。

【高山寺(こうざんじ)・西明寺(さいみょうじ)・神護寺(じんごじ)への行き方】

京都駅バスターミナルのJR3に来るJRバスに乗り栂ノ尾で下車します。

スムーズに行けば約50分で行くことができますが、渋滞の可能性もあるため、

少し時間にゆとりをもって行動しておくとよいと思います。

 

西日本JRバスでは高雄・京北線(京都駅~栂ノ尾)をおトクにご利用いただける

「高雄フリー乗車券」を京都バスチケットセンターで通年好評発売中!

京都駅〜栂ノ尾間が、大人片道運賃520円(260円)のところ、往復800円(400円)でご利用いただけます。

※( )はこども運賃です。

北野〜栂ノ尾間は当日限り、何回でもご乗車いただけます。

券面表示期日、JRバスに限り有効です。(京都市営バス等の他社線ではご利用になれません)

 

また、高雄・京北線(京都駅~周山)をおトクにご利用いただける「周山フリー乗車券」を新たに発売しております。

京都駅~周山間の往復をおトクにご利用いただけるほか、周山の店舗などでおトクなサービスも受けられます。

詳しくはコチラをご覧ください。