貸切バス安全性評価制度で「三ツ星認定」を更新しました

2017.12.26

日本バス協会が実施する「貸切バス事業者評価認定制度」の平成29年度に開催された安全性評価認定委員会において「三ツ星の認定」を受けました。

この制度は、安全に対する取り組みや事故・行政処分等の状況を審査し、評価された貸切バス事業者に対し認定するものです。

平成23年度に始まった本制度で一ツ星認定を受け、平成25年度に二ツ星認定、平成27年度に三ツ星認定を受けました。

その後、2年間の各種取り組みの継続状況や安全レベルの向上がより高く評価されました。

「貸切バス事業者評価認定制度」についてはこちらをご覧ください。

今後、当社が保有するすべての貸切バス車両に認定マークを掲出いたします。