個人情報の取扱いに関する当社の基本方針


1.基本的な考え方

西日本ジェイアールバス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報を保護することが社会的責務であると考え、個人情報に関する法令及び社内規定を遵守し、当社で取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。


2.個人情報の取扱いについて

当社は、個人情報の取扱いについて、以下の事項を遵守します。


(1) 利用目的の明確化

個人情報の利用目的を明確にし、その目的の範囲内で利用します。


(2) 目的外利用の制限

あらかじめお客様の同意がある場合や個人情報保護法等に定めのある場合を除き、個人情報の利用目的以外の利用や、個人データの第三者への提供を行いません。


(3) 適正な取得

個人情報の取得を、適法・公正な手段により行います。


(4) 正確性の保護

個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めます。


(5) 安全の保護


(6) 開示、訂正、削除等

お客様ご自身の個人データについて開示、訂正、削除等を求められたときは、個人情報保護法等の定めるところにより、対応させていただきます。


(7) お問い合わせへの対応

個人情報に関するお客様からのお問合せに適切かつ迅速に対応します。


3.「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項について

当社の保有する個人情報に関し、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、以下の事項を公表します。

(1) 利用目的

当社は、以下の目的の範囲内で、お客様の個人情報を利用します。

上記以外の目的にお客様の個人情報を利用しようとする場合、その利用目的をあらかじめお客様にお知らせし、その利用目的以外に無断で利用することはありません。

なお、当社は業務の委託に伴い、当社からその業務委託先に必要な範囲内でお客様情報を提供することがあります。その場合は業務委託先との間で取扱いに関する契約を結ぶ等、適切な監督を行います。


(2) 第三者提供

当社は、前項の目的及び次のいずれかに該当する場合を除き、お客様から取得した個人情報を第三者に提供しません。

  1. お客様本人の同意がある場合
  2. 法令に基づく場合
  3. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様本人の同意を得ることが困難であるとき
  5. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行する場合であって、お客様本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき

(3) 開示・利用目的の通知

当社が保有するお客様情報(「保有個人データ」に限ります。以下同様とします。)に関して、お客様ご自身の情報の開示・利用目的の通知をご希望される場合には、お申し出いただいた方がご本人であることを確認した上で、合理的な期間及び範囲で回答いたします。


(4) 訂正、追加又は削除

当社が保有するお客様情報に関して、お客様ご自身の情報の内容について訂正、追加または削除をご希望になる場合には、お申し出いただいた方がご本人であることを確認した上で、事実と異なる内容がある場合には、合理的な期間及び範囲で情報内容を訂正、追加又は削除いたします。


(5) 利用停止、消去

当社が保有するお客様情報に関して、お客様ご自身の情報の利用停止または消去をご希望される場合には、お申し出いただいた方がご本人であることを確認した上で、合理的な期間および範囲で利用停止または消去いたします。
なお、利用停止または消去に伴い、不本意ながらご要望に沿ったサービスの提供ができなくなることがありますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。(なお、関係法令に基づき保有しております個人情報については、利用停止又は消去のご請求には応じられない場合があります)。


(6) 開示等をしない場合のお取扱いについて

次に定める場合は、開示等をいたしかねますので、予めご了承ください。開示等をしないことを決定した場合は、その旨理由を付してご通知申し上げます。

【開示等の手続きを開始しない場合】
  1. ご本人の確認ができない場合
  2. 代理人によるご依頼に際して、代理権が確認できない場合
  3. 所定のご提出書類に不備があった場合
  4. 所定の手数料(切手代:本人限定受取郵便料金)のお支払いがない場合
    (「開示」及び「利用目的の通知」の場合のみ)
【開示をしない場合】
  1. ご請求いただいた情報が「保有個人データ」に該当しない場合
  2. ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
  3. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがある場合
  4. 他の法令に違反することとなる場合
  5. 他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合
【利用目的の通知をしない場合】
  1. ご請求いただいた情報が「保有個人データ」に該当しない場合
  2. 利用目的が明らかな場合
  3. ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
  4. 会社の権利又は正当な利益を害する恐れがある場合
  5. 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき
【訂正、追加又は削除をしない場合】
  1. ご請求いただいた情報が「保有個人データ」に該当しない場合
  2. 「保有個人データ」の内容が事実であった場合
  3. 他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合
  4. 利用目的から見て訂正、追加又は削除が必要でない場合
【利用停止又は消去をしない場合】
  1. ご請求いただいた情報が「保有個人データ」に該当しない場合
  2. あらかじめ特定した利用目的の達成に必要な範囲内で取扱っている場合
    (違反を是正するために必要な限度を超える場合を含む)
  3. 適正な方法で取得している場合(違反を是正するために必要な限度を超える場合を含む)
  4. 多額の費用を要する等、利用停止又は消去を行うことが困難であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとる場合
【第三者提供の停止をしない場合】
  1. ご請求いただいた情報が「保有個人データ」に該当しない場合
  2. あらかじめお客様ご本人の同意を得て提供している場合
  3. 法令に基づく場合
  4. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  5. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  6. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様ご本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき
  7. 多額の費用を要する等、第三者提供の停止を行うことが困難な場合であって、お客様ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとる場合

(7) お問合せ先

個人情報お問合せ窓口
〒554-8510 大阪市此花区北港1丁目3-23
西日本ジェイアールバス株式会社 総務部 総務課
電話番号 : 06-6466-9977
受付時間 : 9:00~17:00(但し土日祝および12月30日から1月3日は除く)


(8) 受付方法など

お問合せ窓口で承りましたご連絡先に、当社が用意する「個人情報開示等申込書」および申込書の送付先、手数料などを記載したお手続きのご案内の書面を郵送いたします。
必要事項をご記入いただいた申込書、本人確認書類および手数料相当分の切手などを申込書送付先に郵送していただきます。開示等のご請求についてご提出いただくすべての書面等が、当社の指定する申込書送付先に到着し、当社が受領した時をもって開示等の手続きが開始されるものとします。